極上ガス炊きごはんで 食卓がワンランクアップする!

極上ガス炊きごはんで食卓がワンランクアップする!

火力の強いガスで炊くご飯はおいしいと、昔から言われてきました。でも、火加減の調整がちょっと面倒ですよね。そういう方におすすめなのが炊飯機能付きのガスコンロです。火加減の調整はガスコンロがすべて自動で行ってくれるので、スイッチひとつで美味しいガス炊きごはんが出来上がります。

ガスで炊くごはんは美味しいですよね。その理由をご存じですか? 炊きあがりが美味しいだけじゃなく、他にもガス炊きごはんならではのメリットが、こんなにあるんです。

ガスの火が鍋底全体を包みこみ一気に加熱。すばやく沸騰することで、お米の旨み成分が閉じこめられます。

一気に沸騰するから鍋の中で対流が起き、米の一粒一粒に均等に熱が伝わります。しっかり熱が入りこんだお米は芯までふっくら炊きあがります。

ガスの直火で炊くから、3合のごはんが約20分で炊きあがります。蒸らし時間10分を入れても30分ほど。食べはじめる時間の30分前に自動炊飯機能のスイッチを押すだけです。

ごはんが炊きあがったら、火を消すのではなく中火~強火に。少ししたらお焦げの香ばしいかおりがただよってきます。鍋によって、また好みのお焦げ具合によって、火力と時間は調節してくださいね。かおりを頼りにするとうまくいきますよ。

ごはんは、お米の中のデンプンが水を吸って膨らみ、熱が加わることで糊化した状態。この糊化がうまくいくと、ふっくらとやわらかいごはんになるのです。
ガスの強火ですばやく炊きあげたごはんは、デンプンが十分に糊化されているので、冷めても水分をしっかり含んで、やわらかいまま。お弁当にもぴったりです。

美味しい理由はわかったけれど、火加減や加熱時間を調整するのが難しいですよね。でも大丈夫。最近のガスコンロに付いているSiセンサーの機能を利用した、炊飯ボタンを押すだけ。自動で火加減を調整して、美味しいご飯が簡単に炊けます。

水の量はお米の容積の1.2倍。新米の場合は少し少なめの1.1倍くらいが目安です。鍋はご家庭にあるどんな鍋でもかまいませんが、ガス炊きごはんに最適な自動炊飯専用鍋・釜も発売されています。

「Siセンサー」って何?

最近のガスコンロに付いているSiセンサー*。「立ち消え安全装置」「調理油加熱防止装置」「消し忘れ消化機能」が標準装備されているうえに、このセンサーの特徴を活用し、「自動炊飯機能」「油温度調整機能」などの便利な機能も付いています*。

*※Siセンサーは平成20年(2008年)4月以降、製造するすべてのガスコンロへの装備が義務付けられています(持ち運びできる卓上一口コンロを除くすべての家庭用ガスコンロ)。
*自動炊飯機能等が付いていない商品もあります。商品カタログや取扱説明書、操作パネルなどでご確認ください。

鍋底の異常な加熱を検知して自動的に消火します。

煮こぼれなどで火が消えたら自動でガスを止めます。

お鍋が真っ黒焦げにならないように、一定時間で自動消火。万一の消し忘れをカバーします。

安全のためのこのSiセンサーを活用して、てんぷら油の温度を一定に保ちます。

微妙な火加減を自動的に調整しごはんを炊きあげます。

強い火力が必要なとき、危険な温度に達するのを防ぎつつ、頻繁にガスガ止まるのを防ぎます。

おいしいご飯が炊ける理由がわかったら、工夫次第でアレンジご飯が簡単にできますよ。

お米を研ぎ、たっぷりの水に浸して1時間ほどおいておきます。

筍は1cmのいちょう切りに、大葉は千切りにします。

調味料★はすべて混ぜておきます。

専用鍋に米、筍、ツナ缶(オイルごと)、★を入れ、2合のメモリまで水を加えます。
※専用炊飯鍋がない場合は、米2合に対して400ml~450mlの間で調整してください。

「炊飯スイッチ」を押し「ごはん」モードにて自動で炊き上げます。

あとは約35分待つだけ。

炊きあがったら、しゃもじでかき混ぜ、茶碗に盛ります。
千切りにした大葉を載せ、お好みですだちを絞ってください。

自動炊飯器能が付いていないタイプのガスレンジでも、火加減を調整すれば美味しくガス炊きごはんが炊きあがります。

これって失敗!? あわてなくても大丈夫!

少しならそのまま、たくさん吹きこぼれたらその分の水を少し足して、火加減を調整し直しましょう。

次回から水を少し減らしてみてください。新米は水分を多く含んでいるので水を少なめにします。

浸水不足かもしれません。お米を研いだら水に1時間以上浸しましょう。
水が少なすぎたのかもしれません。水を多めに入れてみましょう。
最初の沸騰ができていなかったのかもしれません。グツグツと沸騰するまで、強火の時間を少し長くしてみましょう。

基本的にどんな鍋でも大丈夫ですが、鍋の厚みがあり、深めで蓋が付いたものを選んでください。大きさは、3合で直径20~22cm、1合で直径15~18cmくらいが目安です。

「かまどさん」なら火加減いらず

「かまどさん」は創業が天保3(1832)年という伊賀窯元・長谷園さんが伊賀土でつくった土鍋です。細かい気孔が熱を蓄えて、あたたまりにくく、冷めにくいのが特徴。火加減いらずで美味しいごはんが炊けるんです。
最初は中くらいの強火で、蓋の穴から蒸気が出始めたら1~2分後に火を止めて20分蒸らせば出来上がり。
ふつうの土鍋の1.5倍の厚みで蓄熱性があるから、細かく火加減を調整せずとも、鍋が温度を最適に保ってくれるのです。

リンナイ デリシア
RHS31W31E13RCSTW

ノーリツ プログレ
N3S10PWASKSTEC

パロマ クレア
PD-991WST-60GM

リンナイ マイトーン
RS31W27U12DGVW

パロマ リプラ
PD-509WS-60CV

ノーリツ ファミ
N2WQ8RWTS6SI